スポンサーサイト
カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑


はじめましてロードバイク
カテゴリ:ロードバイク欲しい病 / テーマ:自転車 / ジャンル:趣味・実用
遂にロードバイク納車されました!
人生初のロードバイクです。

うちの会社は連休だったのですが、土曜まで家族行事で出かけていたので、
日曜、ロードバイクを取りにいきました。


ショップにつくと「売約済」の紙を貼ったマドンが待っていました。
20111002_6
(というか、広い場所に出してもらったあとの写真です。。)

今回購入したTREK 黒マドン(Madone5.2)です。
20111002_4

ショップの中で堂々と撮らせてもらいました(^_^)

前から。
20111002_5

コンポはULTEGRAです。
20111002_14

OCLV Carbonの文字。
20111002_8



今回、ロードバイクを購入したショップは「シミズサイクル」さんです。

20111002_13

ブログに載せてもいいとのことでしたので、ショップ名載せちゃいます。
いろいろ教えてくれていいショップです。
毎週、走行会も開催しているとのことなので、今後私も参加させていただこうと思っています。


チェーンステーにはデュオトラップをすでに取り付けしておいてくれていました。
20111002_7

センサーの出っ張りが一切ないのでかなりすっきりします。

このデュオトラップ、なかなか凄いと思ったところがあったのですが、
このセンサー単体で、センサーの反応具合をランプで知らせてくれるんです。

左ランプがスピードセンサーが反応した瞬間付いて、右ランプはケイデンスセンサーが反応した瞬間付くようになっています。
写真はケイデンスセンサーが反応した瞬間です。
20111002_15

一定の時間反応すると、もうランプは付かなくなるので、電池にもやさしいようです。


ビンディングべダルは、
SPD-SLのものをすでに購入してあるんですが、
はじめてロードバイクに乗るので、はじめはフラペにしておいてもらいました。


ボトルゲージはELITEのマッドカラーのものを付けました。
20111002_3

本当は、ボントレガーのカーボンボトルゲージを付ける予定だったのですが、
入荷は2月くらいになるとのことで、これになりました。


最終セッティングしてもらって、いろいろと説明を受けて、納車完了です。
ショップまで15kmくらいあるので、今回車で取りに来ました。
なので車に積んで持ちかえりです。


自宅に着いて、すぐにでも乗りたいところですが、
その前にいろいろやることがあります。

まずは、ピカピカのうちにコーディングをかけたいと思います。
今回は評判がよかった、『プレクサス』を使用しました。
20110915_4

はじめからピカピカだったので、見た目上効果のほどはよくわかりませんでしたが、きっときいていることでしょう。


あとは、ライトやサイコンを取り付けます。

この日のために用意したサイコン。
20111002_12

後日、詳しく書くつもりなので、まだ内緒です。
(商品名がでているので、バレバレですかね。。)


この後、ついに人生で初めてロードバイクに乗ることになるのですが、
長くなったので、また続きは次回書きます。


はじめてのロードバイクの納車を祝して、↓クリックを(^_^)
クロスバイクブログランキング
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
ミニベロ・折りたたみ自転車ブログランキング
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ


ランキングに参加しています。
押して頂けると、よし更新しよう!という気になりますので、ポチっとお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ

スポンサーサイト
2011.10.03 / コメント:: 14 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


ロードバイク 人生初乗り
カテゴリ:ロードバイク欲しい病 / テーマ:自転車 / ジャンル:趣味・実用
「それって、ブレーキついてるやつ?」

ロードバイク納車2日目にして、はやくも今はやりの言葉を聞きました。
自宅周辺に帰ってきたところで、
ばったり会ったおじさんから出た言葉です。
普通に「これはブレーキ付いてるやつですよ~」と答えておきましたが、2日目にして聞くなんて結構有名なニュースなんだなと再認識しました。

いままで、クロスバイクでは言われたことなかったのですが、
ロードバイクだと同じに見えるんですね。

一般の人たちが、みんな同じように「あの自転車、ブレーキないやつなんじゃないの?」
という目で見られているかもしれないと思うと、ちょっと怖いなあと思いました。



さて、ロードバイク納車日の続きです。

自宅に持ち帰り、クロスバイク先輩とミニベロ先輩にご対面です(笑)
P1040414.jpg


各備品の取り付けが終わり、いよいよロードバイクに乗る時が来ました。

いままでロードバイクは試乗とかもしたことがなく、借りて乗ったこともないので、
人生はじめてロードバイクに乗ることになります。


いきなり転んだりしたらいやなので、恐る恐る、フラフラしながら乗り始めました。
ハンドリングはかなりクイックな感じがします。

はじめて乗って思った第1印象は、姿勢がしんどい です。
こんなに前傾姿勢で乗ったことはなかったので、自分がすごく前傾になっているように感じました。
しばらく走っていると少しずつ慣れてきましたが、まだまだといった感じです。

次に思ったことは、やっぱり軽い!
軽い力ですーーと進む感じがします。
持ち運び時点でロードバイク重量の軽さは感じていましたが、それと比例するように走りも軽く感じます。

あと、振動吸収が凄いです。
路面の凸凹がかなり軽減されて伝わってきてる感じがします。
これは長時間乗っても疲れにくいだろうなと思います。
ただ姿勢がしんどいので、それを克服する必要はありそうですが。。


いつもよく走るコースを走ってみましたが、
ロードバイクの凄さを感じたのはやっぱり登り坂です。
クロスバイクではいつもハアハアいいながら登る個所で、ロードバイクは息切れすることなく走れました。

一通りコースを走ってタイムを見ると、
普段クロスバイクで走っているよりも若干ですがいいタイムが出ています。
前半怖々とゆっくり走っていたので、それを考えるとかなり速いです。

クロスバイクと比較して、
そんなにスピード感は感じなかったのですが、ロードは安定感があるってことなんですかね。
あと、登り坂でのスピード差が大きい気がします。


最後になりますが、痛烈に思ったのが、お尻が痛い!です。
なんでかなあ(;一_一)

みなさんのロードの初乗りはどうなんでしょう?
よちよち歩きのロードバイク乗りに応援クリック↓↓お願いします。
クロスバイクブログランキング
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
ミニベロ・折りたたみ自転車ブログランキング
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
ロードバイクブログランキング
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


ランキングに参加しています。
押して頂けると、よし更新しよう!という気になりますので、ポチっとお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ


2011.10.04 / コメント:: 12 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


サイコン選び 買ったサイコンは・・・
カテゴリ:メンテ、改造、買い物 / テーマ:自転車 / ジャンル:趣味・実用
以前の記事で書きましたが(サイコン記事はこちら
いままではiPhoneをサイコン代わりにしていましたが、ケイデンスと心拍数が測れるサイコンがずっとほしかったのです。

マドンに乗る以上、センサーはデュオトラップを付けるつもりでしたので、ANT+に対応しているものを探します。

iPhoneアプリの地図でルート確認しながら走る便利さに慣れてしまっているため、地図付きのGPSサイコンがほしくなってしまいます。

地図なしサイコンの場合、iPhoneも付けて走るという手もありますが、
iPhoneを自転車に取り付けるのは結構面倒ですし、iPhoneは頑丈ではないので、
できればサイコンだけで走りたいということもあります。


地図付きのGPSサイコンといえば、
一番評判がいいのはGARMIN Edge800です。

かなり良さそうなのですが、値段が高すぎます。
日本語版は8万円弱。
それに比べれば英語版は安いですが、地図を別途買わねばならず、それを足すとかなりの値段になります。
(やっぱり日本語がいいと思ってしまいますし。)

それでも、ロードバイクを予約して気が大きくなっている(?)ためか
ポチっとするところでした

が・・・


ギリギリのところで、偶然見つけたサイコンに目が止まりました。

GPSサイクルコンピューター『Xplova G3』。 ←今回買ったやつです。
20110915_2


日本では、今年の夏(8月?)に発売されたばかりの製品とのこと。

ざっと、どんな製品かというと、
・本体29,589円。心拍計、速度/ケイデンスセンサー付きで35,910円。
・心拍計、速度計、ケイデンスセンサーはANT+対応。
・地図はオープンストリートマップというものを採用しており、無料でダウンロードして使用できる。世界各地の地図がある。
 随時更新されるらしいが、現状はまだ都市部以外は整備されていないところも多い。
・ルート探索は無し。
 GPXファイルや、専用トラックファイルの取り込みを行って、簡易的なルート案内有り。(音声案内は無し)
・PC用ソフトウェアが付いていて、ルート作成、データ管理、グラフ表示などができる。
 ポータルサイトもあり。
・メーター画面の編集可能。
・高度、勾配、温度なども表示可能。
・IPX7防水設計
・全部日本語。
・バイクは3台まで登録可能。
・ハンドル用と、ステム用、2つのマウントが付いてくる。
・予備バッテリーは2500円で別売りあり。USB充電器で充電もできる。


販売店のサイトや、レビュ記事を見る限り、なかなか良さそうです。

GARMIN Edge800みたいに、ルート探索する機能はないみたいですが、
私はいつもルートラボでルートを作成して取り込んでいるのでそれで十分だなと。

ただ問題なのが、まだ発売されて間もないため情報が乏しいこと。
口コミ大好き人間からすると心配でたまりません。。

あと、どれだけ検索してもデュオトラップと合わせて使っているという例がなく、
ちゃんとリンクできるか?不安でした。
ANT+に対応していても、ケイデンスとスピードセンサー一体型と別体型などの違いがあると接続できないことがあるらしい。

Xplova G3のセンサーは一体型、
デュオトラップもどう見ても一体型っぽいので大丈夫だろうと予想。


ということで、思い切って購入!


ちゃんと接続できましたよ、デュオトラップ(^_^)v

ステムマウントはこんな感じ。
20111005_1

ロードバイクはデュオトラップで使用していて、
Xplova G3に付いてきた速度/ケイデンスセンサーは、クロスバイクに着けています。

20111005_2

これのおかげで、iPhoneを自転車に取り付けなくてよくなりました。
iPhoneに比べれば地図表示は見劣りしますが、道はわかるので問題ないです。

GARMIN Edge800ほどの高機能ではないと思いますが、
あんな値段は出せないけど、GPSと地図がほしいという方にはおすすめできるかなと思います。

Xplova G3のインプレもっと観てみたいかもと思われたら↓↓クリックをお願いします(^_^)
にほんブログ村 自転車ブログへ
↑↑↑↑↑
ランキングに参加しています。
押して頂けると、よし更新しよう!という気になりますので、ポチっとお願いします
(クリックすると自転車ブログランキングへ)
2011.10.05 / コメント:: 8 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


GPSサイコン『Xplova G3』について
カテゴリ:メンテ、改造、買い物 / テーマ:自転車 / ジャンル:趣味・実用
前回、GPSサイクルコンピューター『Xplova G3』の概要をざっと紹介しましたが、
ちょっと使ってみた感想なども含めて、
インプレを書いてみたいと思います。
まだいくつか使っていない機能もありますので、現状わかっている範囲です。

はじめてサイコンを購入しましたので、他のサイコンと比較しての評価はできませんが、
今までiPhone4を自転車に取り付けて、アプリ『Cyclemeter GPS』をサイコンとして使用していましたので、
それとの比較も書いてみようかと思います。


大きさは、iPhone4と比較するとこんな感じ。
20111010_1

本体の重さは、118g。
(ちなみにiPhoneの重さは159gです。)

タッチパネルではなくてボタン式です。
フロントの十字キーと、2ボタン、あと左右にもボタンがあります。

ANT+に対応していて、
センサー付きを買うと心拍計と速度/ケイデンスセンサーが付いてきます。

付属の心拍計。
20111010_7

速度/ケイデンスセンサーは、別売りもしているので、他のバイクにも付けることができます。
(ちなみにマウントや、バッテリーも別売りしています。)
3台までバイクを登録できて、バイクごとに速度/ケイデンスセンサーや重量、ホイールサイズなどを設定します。


まず、メーター画面について。
ダッシュメーター画面と、編集可能なメーター画面が3画面あり、それら随時切り替えられます。

ダッシュメーター画面。
20111010_3

ダッシュメーター画面は、速度、心拍数とそのステータスバー、ケイデンスとそのステータスバー、オドメーターなどで
構成されています。
この画面は編集不可です。


その他に編集できるメーター画面が3ページまで設定でき、カーソルキーの上下でそれらを切り替えられます。
メーター画面。
20111010_4

表示位置など、レイアウトは編集できます。
1つ~最大8つまでの情報が表示できます。

高度や勾配、温度なども表示可能です。

普段、8つ表示の画面にしていることが多いのですが、
ダッシュメーター画面もパッと見る際は分かりやすくていいかもと思います。



続いて、地図画面について。

ナビ中の地図画面はこんな感じです。地図の見た目は、やっぱりiPhoneのほうがキレイですね。
20111010_5

これは付属のソフトウェア『X-Tracks』で作成したルートを読み込んでナビしている状態です。
左上には、次に曲がる交差点情報がでています。

右上の「ここから登り」という文字と、赤い坂の矢印マークは、
スマートサインといって、ルート作成時に自由にマークとコメントを設定しておくことができます。
なにか表示したい地点情報を設定しておけばその地点が近付くと残り「**m」という形で表示されるので、
ここで休憩しようという場所などあれば、目印しておけて便利です。
表示できるマークもいろいろ用意されています。

地図画面に表示される道は、
うちの周りが田舎ということもあり、細かい道が表示されません。
フリーマップをダウンロードして使用する形式で、
今後マップ更新されていくみたいですが、現状は都市部以外は主要道路しか整備されていないようです。

そんなふうに主要道路しかないんじゃ、細かい道をルートに組み込めないんじゃないのか?
と思ったのですが、それは問題ありません。
なぜ問題ないかというと、『X-Tracks』というソフトでルートを作成するのですが、そのソフト上はgoogleマップを用いてルートを作成しているからです。

googleマップは当然、細かい道も整備されています。
『X-Tracks』上で普通に細かい道も含めてルートを作成し、その時点で交差点情報なども独自ルートファイルのなかに情報として登録されます。
そのため、そのルートを『Xplova G3』本体におとせば、交差点情報も表示できるんです。

細かい地図が表示されればそれに越したことはないですが、作成したルートがマップ上に表示されていれば道に迷うことはないと思います。
最悪、ルート探索したくなった場合は、iPhoneを見ればいいし。と思ってます。


あと、iPhoneの『Cyclemeter GPS』アプリより良い点としては、
ナビの残り距離表示が正確という点があります。

寄り道などをして事前の作成ルートよりも距離が長くなるというケースが結構あるんですが、
『Cyclemeter GPS』アプリの場合、単純に 当初のルート距離から走った距離を引いた残り距離が表示されますが、
Xplova G3の場合は、現在走っている地点からの距離で測ってくれているようです。



あとは、グラフで各種情報が表示できるチャート画面や、トレーニング画面などがありますが、
まだあまり使ってません。

チャート画面。
20111010_6



その他の機能では、、

アラート機能が便利です。
時間や距離、速度、心拍数、ケイデンスで、ある条件を満たす場合にアラート表示を出すことができます。
たとえば、心拍数を抑えて走りたい場合など、
設定した心拍数を超えた場合にアラート表示を出すという使い方ができます。

画面の見やすさですが、
日中はiPhoneよりも見やすいです。
iPhoneの場合、一番日差しがある時間帯は一番明度をあげても見づらいときがありましたが、Xplova G3は見やすいです。
また画面の明るさ調節もできます。


良い点ばかりを書いたような気がしますが、悪い点も書いておきます。
一番気になるのは、ボタンを押してからの反応が遅く、かなりもっさり感があります。
特に地図がらみの操作は反応が遅い気がします。

このボタンのもっさり感がなければ、かなり使いやすいのに惜しいなって思います。

まあ、でもこの価格設定にしてはなかなかおすすめできるサイコンではないかな。


少しは参考になったかなと思われましたら、↓↓↓ポチっとお願いします(^_^)
にほんブログ村 自転車ブログへ


押して頂けると、よし更新しよう!という気になります。
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ
2011.10.10 / コメント:: 8 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


初SPD-SLと初立ちゴケ
カテゴリ:メンテ、改造、買い物 / テーマ:自転車 / ジャンル:趣味・実用
ロードバイクのビンディングどれにしよう?
とちょっと迷ったりしてたんですが、やっぱり皆さんがよく使っているSPD-SLだろう!ということで、SPD-SLを導入してみました。

んで、初立ちゴケしました。

クロスバイクではSPDべダルを付けていますが、マルチクリートを使っていることもあって、立ちゴケしたことはありませんでした。
調子に乗って、SPD-SLでも立ちゴケ0を目指していたのですが、
甘くなかったSPD-SL。。


立ちゴケの詳細は後ほど。
まずは、SPD-SL導入から。

ロードバイク納車時はフラットペダルで乗っていましたが、少し慣れてきたため購入しておいたSPD-SLを付けることにしました。

買ったペダルはこれです。
『SHIMANO PD-6700』
20111012_1

別にこだわりはないですが、コンポはアルテグラなので、ペダルもアルテグラに統一してみました。

カーボンでなく、アルミなので片方159gです。

シューズはこれ買いました。
『スペシャライズド Expert Road Shoe』
20111012_2

このシューズのどこに惹かれたかというと、
ダイヤル回して締めるとこ。

昔スノーボードでダイヤルで締める式のブーツを持ってました。
当時は紐で締めるタイプのものが主流で、かなりの力で締める必要があるので
いつも苦労してたんですが、
ダイヤル式に変えてからというものブーツを履く苦痛がまったくなくなりました。

スノボーと自転車の靴は違うだろ!
という怒号が聞こえてきそうですが、
その当時のいい印象があったので、ダイヤル式がいい!と買っちゃいました(^_^;)

もっと上のモデルになるとダイヤルが2つ付いていて締め具合を個所で変えたり、微調節もできたりするみたいですが、
かなり高いので、自分にはこれくらいのモデルで十分です。


家でペダルを取り換えて、シューズにクリートもセットします。
まず、クリートの位置はどこがいいのかさっぱりわからず・・・。

試しにと思って、家でまたがってべダルを踏み込んでみました。
クリートのネジをしっかり締めてなかったため、ひねってもシューズが外れなくなりました。。
しっかりネジは締めておかないといけないということがよくわかりました(;一_一)


実際に外で走ってみました。

SPD-SLの第1印象は、ちょっと外しにくい。ですね。
確実にSPDペダルよりは外しにくいです。

少し乗って気付いたのですが、ビンディングを外す際、
私は上死点で外すそうとするくせがあったみたいです。
SLでは下死点でひねらないと外れにくいので、矯正が必要そうです。

はまったときは、「パチン」という音が鳴って気持ちいいです。
周りの人が振り返りそうなくらいの音がなります。

やっぱりビンディングはいいですね。
フラペでもロードの良さを感じてましたが、ビンディングになるとさらに速くなる感じがします。


で、SPD-SL導入2日目に、立ちゴケしました。

信号で前方のトラックが止まったので、スピードを落としながら横をすり抜けようとしたところ、
交差点にかけて道が狭くなったいることに気が付きました。
これは通れないと思い、急遽トラックの後ろで止まったのですが、
ビンディングを外すのが遅れ、左に倒れました。

まだピカピカのロードバイクを傷をつけるのは絶対避けたい!
倒れる瞬間その思いでいっぱいでしたが、左には刈り取った草がまとめて道脇に置いてあるのが見えました。
まあここなら大丈夫かあ(-_-)という思いとともにスローモーションで倒れました。
草まみれですけど。。

すぐ後ろにも車が信号待ちでいることは分かってましたが、恥ずかしいので一切振り返らず・・・。
静かにむくっと立って、何事もなかったようにしてました。
草まみれですけどね。。

でも傷はなかったのでよかった(^_^)


立ちゴケを記念して(^_^)vポチっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ


押して頂けると、よし更新しよう!という気になります。
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ
2011.10.12 / コメント:: 14 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


ロードバイクで初の100km超えライド
カテゴリ:ポタリング / テーマ:自転車 / ジャンル:趣味・実用
ロードバイクではじめての100kmライドして来ました。

今回走ったのは、以前クロスバイクでも100kmライドをした知多半島です。
なぜまた同じとこかというと、ロードバイクとクロスバイクで走った感じを比較してみようかと思いまして。
(ただ単に走りやすいとこを選んだだけという噂も(^^))

今回のコース。


今回もまったく同じコースだと面白くないので、
知多半島の内陸部を通る、「味覚の道」という道を通ることにしました。

「味覚の道」というと、おいしそうな道かと思いきや、
私にとってはまったくおいしくなく、かなりアップダウンが続くコースのようです。
坂好きなローディにとってはおいしい道かもしれませんね(^_^;)

知多広域営農団地農道の愛称として「味覚の道」となったみたいです。

クロスバイクだったら絶対選ばないコースですが、ロードバイクの性能を信じてみます。


朝6時過ぎに出発。
雨はあがっていますが、路面はまだ濡れています。(夜は雨が強かったのでその影響が。)

走りはじめてちょっと後悔が。。

路面がまだ濡れていて、水たまりがいたるところに。
極力水たまりは避けながら進みますが、それでもピカピカだったロードバイクがどんどん汚くなっていく。。
服にもグローブにもサドルバッグにも泥が飛びまくり。(;一_一)

こんな感じの道があちこちに。
20111017_1

まあ、一度汚れてしまえば、開き直るしかありません。
帰ったら洗濯と洗車だなと思いながら、水たまりも恐れず進みます。


「味覚の道」に入ったあたりです。
20111017_2

ちゃんと「味覚の道」との標識も。
20111017_3

ここから幾度となくとアップダウンが続きます。

ほんと何度も登っては下ってを繰り返す道でした。
せっかく登ったのになぜすぐ下らないといけないんだ(*_*)という思いいっぱいで進みます。

幾度と来る登り坂に
高ケイデンスで登れたらカッコイイなあ。と思ってアタックしてみたりしますが、全然速く登れず。。
私の場合、ある程度重めでグイグイ踏みながら登ったほうが楽だったりします。

下り坂はかなりスピードが出ますが、
マドンのおかげが安定感を感じられてあまり怖く感じませんでした。

クロスバイクは下りの振動で手がしびれたりしましたが、
ロードバイクの場合はそれが吸収されて手の痛みはほとんど感じませんでした。
でも下ハンはまだ怖い(*_*)


今回のライドでの最高度地点。
20111017_4


その後、知多半島の先端部に出て。
海。
20111017_5


こっからは海岸沿いを走ります。


野間崎灯台。
20111017_6

新舞子。
20111017_7



と順調に来たところで、サイコンが電池切れ。

なんで??早くない?
他の人のレビューなどでは10時間以上もったとのことだったので、余裕かまして充電器は持ってきませんでした。
必ず10時間以上もつわけではないみたいです。
こりゃ予備バッテリー買うの決定だなあ。(2400円で買えるし)

サイコンが電池切れでかなりテンションがさがります。
急に帰りたくなってきました(笑)

あと、問題なのがこっからのルートがよくわかりません。
もともとあとは自宅方向へ戻るルートとなるはずなんですが、結構道を間違えて右往左往しました(;一_一)

地図付き機器を使ってない方は、ロングライドのときどうしてるんですか~?
と考えながら、
iPhoneのマップをちょこちょこ見ながらなんとか帰りました。
(マウントがないため、出したりしまったりするのがめんどくさかった(-_-))


というわけで、途中からの記録がありませんが、
総距離は130kmはたぶん超えたはず。

はじめて130km走りましたが、
ロードバイクのおかげか、クロスバイクで100km超えしたときほどの疲労度はありませんでした。
以前はもっと暑かったというのも大きいとは思いますが。


帰ってから早速洗車しましたよ(^_^)v

お疲れ(^^)のポチっをお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ

押して頂けると、よし更新しよう!という気になります。
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ
2011.10.17 / コメント:: 16 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


好戦的アイウェア
カテゴリ:メンテ、改造、買い物 / テーマ:自転車 / ジャンル:趣味・実用
警視庁が自転車歩道走行の取り締まりを強化して、原則車道左側通行を徹底させていくとの報道が流れていますね。
(警視庁ってことは東京だけ??)

自分としては、車道左側通行は守っているので問題ないのですが、
この取り締まりをちゃんとやろうとすると、現状の道のつくりがおかしなところがいろいろあるような気がします。

うちの周り道でちょっと大きめの交差点では、だいたい歩道の延長戦で横断歩道+自転車横断線も描かれています。
これって、自転車が歩道を走ってきて、その横断自転車道を通ってまた、歩道に入るように導いているようにしか見えません。
自転車は歩道走ってはいけないはずなのに、なんでこんな道ばっかなのかなあ。
と日頃から思ってました。
もしかして、私が気づいてないだけで、自転車も走行できる標識がある歩道なのかな。

いずれにしても、車道左側通行を推奨することには賛成ですが、
もう少しそのように道を整備してほしいなって思っています。




さて、先日こんなものを買いました。

20111020_4

オークリーのジョウボーンです。

見た目ちょっと好戦的じゃないですか!?
ヘルメットに続き、見た目が好戦的っぽいと決めつけシリーズです(笑)
(スーパーサイヤ人ヘルメットはこちら

派手で厳つくて、かけるとちょっと強くなったような気分になります(笑)

ちょっと前までならこういうデザインは絶対買わなかったと思うんですが、すっかり好みが変わってしまったようです(-_-)
自転車は派手でいいじゃないか!みたいな。


今まではかなり安いアイウェアを使っていました。
ただ安物ゆえか、あまり視界がよいという気もしないし、似合わないしで、もうちょっとよいのがほしいなあと思っていました。

シンプルで軽そうなアイウェアをお店でいろいろとかけてみましたが、
どれもあんまりしっくりこず。

そんなとき、オークリーのアイウェアを偶然見かけて、その派手めなデザインの虜に。

自転車界のウェアやヘルメットなどは非日常的なデザインが普通かと思います。
はじめはそれらのデザインにかなりの抵抗がありましたが、
それに見慣れてしまって、派手なアイウェアもカッコイイと思うようになっていたようです。

でもまったく似合う気がしません。
欧米人に似合いそうなデザインで、アジア人には合わないかもなあと思いましたが、
アジアンフィットというアジア人にもフィットするようにつくられているモデルもあるみたいです。


はじめはレーダーパスがいいなあと思ってたんですが、
夜でも使用したかったので、透明レンズがついているジョウボーン(04-209J)にしました。

ジョウボーンは、2組レンズがついているんですが(レーダーパスは1枚のみ)
シルバーカラー(04-209J)のレンズは、1組がグレー、もう1組は透明でなので、夜でも問題なく使用できそうです。

ジョウボーンでも他のカラーモデルはレンズの色が違うので、透明なレンズが付くこのカラーに決定。
別売レンズを買うことはできるのですが、レンズだけでもとても高いのです。

ノーズパッドをあげてレンズ交換できます。
20111020_2


透明レンズに変えるとこんな感じです。
20111020_3

アジアンフィットというモデルは鼻の低いアジア人にもあうようにノーズパッドが大きめのものがついています。
典型的日本人顔の私でもちゃんとフィットしました(^^)

透明レンズは夜に使用していますが、全然暗くなくて見やすいです。


だんだん派手になっていきますが、ポチっとお願いします(^^)
にほんブログ村 自転車ブログへ

押して頂けると、よし更新しよう!という気になります。
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ

2011.10.21 / コメント:: 8 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


カレイじゃないよヒラメだよ
カテゴリ:メンテ、改造、買い物 / テーマ:自転車 / ジャンル:趣味・実用
へんなタイトルですいません(笑)

そうです。自転車でヒラメといえばこれです。

『ヒラメ ポンプヘッド』
20111023_1

空気入れのヘッド金具です。
これだけで4000円ほど。
私の空気入れの値段より高いのです・・・(-_-)

空気入れヘッドだけでこの値段はありえんだろと思ってましたが、なぜか我が手にあります。。。


いままで空気入れのとき、一発でうまくいかなくて何度かつけ直したりすることが多くありました。
これがなにげにストレスがたまります。
(外す際に簡単に外れなくて手をぶつけたり、ホイールとヘッド部がぶつかったりもするし。)

ほぼ毎日のこの作業の労力を考えたら、4000円はもしかして安い?
って思ってしまったわけです。


取り付けは簡単でした。

まず、元の空気入れのヘッド部をネジネジ、グリグリして外します。
(うちのはホースを切らなくても外れました。)

外した元ヘッド部。
20111023_1

そしたら、ヒラメをグリグリしてねじ込みます。

最後に、ホースバンド(別売)をはめて、できあがり。
20111023_3


いやあ、評判通り素晴らしく使いやすいです!

バルブにヘッドをはめる際も外す際もほとんど力がいらなくて、
毎日の作業がとても楽になりました(^^)

空気入れるのがちょっとストレス。という方はおすすめですよ。


少しでも参考になりましたら、ポチっとお願いします(^_^)
にほんブログ村 自転車ブログへ


押して頂けると、よし更新しよう!という気になります。
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ

2011.10.23 / コメント:: 10 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


初パンクと携帯ポンプ初使用
カテゴリ:その他自転車関連 / テーマ:自転車 / ジャンル:趣味・実用
ついに私にもパンクの神が降臨してしまいました。
スポーツ自転車に乗り出してから初パンクです。

パンクがいつ来てもいいようにと、スペアチューブと空気入れを常備して走ってきましたが、
半年間一向にパンクしないため、パンクは起きないもんだと思ってました。
でも、そんなものはただの幻想でした。(そりゃそうだ)


ロードバイクで朝、走りに行ったときのことです。
ちょっとした段差を乗り越えたとき、パシューという音が前輪のタイヤから聞こえてきました。

すぐにパンクだとわかりました。
たぶん空気入れが足りなかったためのリムうちだと思われます。
空気入れを怠ったためですね。。(-_-)

スペアのチューブは持っているので、チューブ交換をします。
ロードバイクのチューブ交換ははじめてでしたが、特に苦も無くチューブ交換できました。

ここまでは順調です。
家で交換してるときよりも早いくらい短時間ではめ終わりました。

あとはCO2で一気に空気をいれれば終わりです。

でもそれが問題です。
この携帯ポンプ、一度も使ったことがないのです(--;)

私の持っている携帯ポンプはCO2カートリッジ式で、カードリッジは一度で使い切り使い捨てです。
家ではちゃんとした空気入れがあるのに、
練習のために400円ほどもするカートリッジを使いたくないというケチ根性のせいで練習してないのです。

でもだいたいの使い方はわかってつもり。

まあ大丈夫だろうと思いながら、
空気入れのネジをねじ込みカードリッジに穴を空けます。

プシューという音とともに空気が出てきました。
はじめはそういうもんなんだな、ネジをしっかりねじ込めば空気は止まるはず。

と思ったのですが、とまりません。

あわててバルブに押し当てて空気入れようと思ったのですが、
時すでに遅し。
カードリッジ終了~!

替えのカートリッジを持ってなかったので、空気入れることができず。


幸い家からそんなに離れていなかったので、迎えにきてもらうことができましたが、怒られたことは言うまでもありません・・・(;一_一)

携帯ポンプはちゃんと練習しとかないといけませんね~。


どんまいのポチっとをお願いします(^^;)
にほんブログ村 自転車ブログへ


押して頂けると、よし更新しよう!という気になります。
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ

2011.10.27 / コメント:: 16 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


はじめての集団走行
カテゴリ:ポタリング / テーマ:自転車 / ジャンル:趣味・実用
ショップの走行会に行ってきました。

ロード納車から約1ヶ月経とうとしていますが、
いままでは雨で中止だったり、所用で行けなかったりしていたので、今回が走行会初参加になります。

朝、購入店舗であるシミズサイクル東海店に10分前に到着。

しかし、誰もいません。
え、一人。。

その後、もう一人来られたので、店員さんをあわせて結局3人での走行になりました。

しばらく走って、目的地である佐布里池の公園に到着すると、
そこには20数名のローディが。

すべてシミズサイクルの大府店から来た方々でした。(シミズサイクルは2店舗あります)
東海店はオープンしてからそんなに経ってないのと、日曜休みでない方も多いみたいで少なかっただけみたいです。

こんなに大勢のローディを見たことなかったので、圧倒されます。

みんなで軽く自己紹介して、
店員の方達は開店準備があるので、ここで解散。

帰られる方や別ライドに向かう方などおられましたが、
みんなで新舞子へ行くということで誘っていただいたので、私もご一緒させていただくことにしました。
15名ほどの集団走行です。

皆さん慣れた手つきで手信号してます。
真似してやってみますが、たぶんほとんど出来てなかったでしょう。。

いままではほとんど一人で走っていて、はじめての集団走行でしたが、楽しいですね。
あと、後ろにつくとかなり楽に走れます。
自分の調子が良くなった気がします(^^)
でも、帰り一人になったとたん遅くなって、自分の力ではなかったことを知りましたよ・・・(;一_一)


いい経験になったね。の↓ポチっとをお願いします(^_^)
にほんブログ村 自転車ブログへ


押して頂けると、よし更新しよう!という気になります。
↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログへ

2011.10.30 / コメント:: 10 / トラックバック:: 0 / PageTop↑


プロフィール

たてわき07

Author:たてわき07
2011年4月に自転車を買った中年(30半ば)です。
愛知県、西三河地方に住んでます。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
アクセスカウンター
訪問ありがとうございます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。